救急病院から帰宅直後の・・・(犬の出血性胃腸炎 NO.4)

※病気カテゴリです(犬の出血性胃腸炎)
読んでしんどくなる方は遠慮なく斜め読み・スルーの方向でm(__)m


※写真は全然関係ない過去写真です※

夜中3:00、夜間救急病院からやっと帰ってきて
キャリーケースの扉をあけてあげたのに
ロックは出てこない。
30秒ほどしてよろよろと出てきたロック。
扉から出た直後にドバっと粘血便!!!!
トイレまで間に合いもしなかった。

ぎゃ~~~~~~Σ( ̄□ ̄|||)!!!

便とは言え、消化物なんてほぼゼロ。
ほぼドロドロの血と腸壁?のみ。真っ赤!!
一回目より量が多い!!

お腹痛くてたまらなかったろうに、
普段入らないキャリーに入れられ、普段乗らない車に乗せられ
知らない場所で診察・処置され、
どれだけストレスだったろう(T^T)

どうする?
さっきの救急病院に電話する?
その上でもう一度タクシーで病院に逆戻りする?
(でも夜間専門の救急病院なので朝5時で閉まる)

どうする?どうすれば?
先生に説明できるよう血だまりの写真を撮り、
床の後片付けは相方さんに丸投げ。
半泣きで必死でロックを観察しました。

夕刻から6時間以上続いていたパンティングは止まってる。
(痛み止めが効いてきたか??)
小さな声でヒンヒン鳴きながらうろうろ歩き回るのも止まってる。
(痛み止めが効いてきたか??)
ゆっくりと伏せたロックの姿が涙でぼやける中、
必死で「ぐったり」なのか「落ち着いた」のかを
判断できないものかとロックを見つめ続けました。

よろよろとではあるけど、
リビングでの定位置の毛布へ自分で戻ったロックを見て、
様子見しようと決意。
その代わり、ずっとロックのそばにいる!!
絶対にロックの異変を見逃さない!!

***犬*犬*白ポメラニアンロックの観察日記***
↑11/8の話です。
今はロックだいぶ落ち着きました。
ほんの一口だけど療法食の缶詰を食べてくれました(*´∇`*)
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ 人気ブログランキングへ


コメント

  1. まろまま より:

    どれだけビックリしたか
    ママの気持ちを思うと
    私も涙が出ちゃう。
    言葉が話せないから
    表情やしぐさ、態度で見極めるしかない。
    せめてお話ができたら
    もっと早く病院へ連れていけたのに。。。
    まろがいた頃、何度そう思ったか。。。
    ママ、本当によく頑張りました。
    ママがそばにいるから安心してられるよ。

    • ロックママ より:

      ※まろままさんへ※

      本当に気が動転してしまって、
      圧の強い文章になってしまって申し訳ない(×_×;)
      できるだけ客観的にって思っても難しい・・・。

      今回も、最初は首の痛み再発だと思ったし。
      会陰ヘルニアの時も
      最初よたよたへろへろしてるのは
      老化なのかと思ったし。
      言葉がわかればどんなにいいか。
      本当に。

      わからないわからないって
      病院に丸投げしてもだめだし、
      飼い主だからよくわかってるからって
      思い込みで説明してはだめだし。

      色々試行錯誤・軌道修正しながら
      その時にできるベストを尽くすしかないですよね。

      まろままさん、ありがとう。