「 出血性胃腸炎 」一覧

砂食い妖怪犬。(犬の出血性胃腸炎 NO.7ラスト!)

出た~~~!
出ぇ~~たぁ~~!!

のっけからハイテンションですみません(^∇^;)

※病気カテゴリです(犬の出血性胃腸炎)
ほぼ全快しましたのでもう深刻な話ではありませんが、
下(シモ)の話が続いています💦
💩君の状態に右往左往の話ですのでアレな場合はスルーの方向で(*_ _)人


※写真は全然関係ない過去写真です※

 

 

11日の朝、
日差しも暖かかったしロックも落ち着いてたので
ほんの10分ほど公園に連れ出しました。

一日トータル22時間くらい寝てるロックが
まだ💩をしてくれなかったので。

出血は本気でノーサンキューだけど
出るものは出てほしい。
ほとんど食べてないので当然ではあるけど、
急性の胃腸炎になったあと、
食事・水分の摂取の少なさやお薬の影響で
今度はお便秘になったりするとネットでも読んだので。
ブツがちゃんと出たら腸の状態も回復傾向ということだろうから
💩君を待ちわびていました。

念のため公園まで抱っこ。
下におろすとロックが歩き出しました。
ゆっくりゆっくり。
と・て・と・て・と・て・と・て・・・
ポメ特有の?トコトコトコトコッ!と軽やかな足取りには
まだほど遠い。

すっとしゃがんだので、後ろでドキドキスタンバイ。
で~~た~~!!
ちょっといつもより黒いけど、血感はまったくなし。
ほぼちゃんとした形。
あの療法食の量でよく消化した!よくやった!

👩🏻 もう出血は大丈夫なのかな??

念のため、
拾い上げたブツをティッシュ越しに割りつぶしてみました。
(汚い話でごめんなさい。でも真剣です)

すると・・・ジャリッ!!
外観からはまるでわかりませんでしたが、
中にはたくさんの砂粒が。

ぎゃ~~~!!Σ( ̄□ ̄|||)!!
やっぱり原因砂やん~~~~!!!

砂(土)を舐めまわしたと思われます。
というかそれが絶対原因です(T△T)
砂粒が胃腸を傷つけ、さらにそこからばい菌が入ったんでしょう。

食べたロックが悪いんじゃない。
問題は私がそれに気づいていなかったこと。

ロックの具合が悪くなった当日朝の散歩で
砂を口にするタイミングがあったとすれば、
・公園で犬連れのおばあちゃんと立ち話した。
・公園でLINEきたのでスマホみた。
そのどちらかしかないと思います。

どっちも1、2分程度。
だけどその瞬間はロックから目を離していた。
私の責任です(T△T)

ロックが最近よく舐めることは気づいてたのに。
(床やクッションやベッドや自分の手など)
突然砂土を舐める可能性には全く思い至っていませんでした。

なんで気づかなかったんだろう(T△T)
後悔はあとからあとから湧いてきます・・・・
今後重々気をつけねば・・・😣😭😰

それでも、💩が出たことがうれしくて
家族間で💩関連のLINEが飛び交っていました(^∇^;)

ちなみにその次の日(12日)の朝には
さらに普通に近いブツが(*^^*)
もう確認してもジャリッと嫌な感触はありません。

腸内環境をより良くするため、
バナナ・れんこん・すりおろしりんご・ヨーグルト・
酵素サプリ・本葛・オリゴ糖なども
少しずつ食べ始めています。

なので、
今回の出血性胃腸炎に関する連続記事は
とりあえずこれで終わりです。
読んでくださった方ありがとうございました。

***犬*犬*白ポメラニアンロックの観察日記***
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ 人気ブログランキングへ


つなぎ受診とかかりつけ医とその後のロック。(犬の出血性胃腸炎 NO.6)

少しずつロックは回復し、
今朝はほんの少しだけ散歩に行きました(*^▽^*)ノ
少しは動かないと出るものも出ないと思って。
その時のことは次記事で書くとして
今回はタイトル通りのリレー受診について駆け足で書きます。
次記事で今回の騒動関連はおしまいにして、
通常運転のぴくのすけ日記に戻りたいなぁ(苦笑)

※病気カテゴリです(犬の出血性胃腸炎)
しかも超長文!推敲もなにもない覚書。

読んでしんどくなる方は遠慮なく斜め読み・スルーの方向でm(__)m
また、病名からもわかると思いますが下(シモ)の話が続いています💦

💩君の状態に右往左往の我が家の話ですのであしからずm(__)m


※写真は、全然関係ない過去写真です※

 

 

 

11/8 am3:00
救急病院から帰宅直後にかなりの量の出血。
落ち着きなく動き回るのはなくなったけど、
横向きに楽々と寝る体勢にはならず、伏せの状態でうつらうつら。
時々よろよろ起き上がって少し場所移動→またうつらうつら。
大小ともにせず。
指に水をつけて口元や鼻下を触ってもぺろりともせず。

11/8 am4:30。
再度下す。
ただし血の色は若干薄くてサラサラとした水便。
といっても、消化物など全然ない薄赤い水分。
↑なんだったんだろう。水分も全然とってないのに。

11/8 am7:30
ぐったりと横たわるロックを見守りながら
前記事③の病院に決定。

診察開始時刻の15分ほど前に電話。
・夜中に夜間救急病院に行ったこと、
・かかりつけ医が休診日であること、
・脱水症状に注意しないといけないと言われたので
ぜひ診てほしいことを伝えると
とても感じのよい言い方で、診ると言ってくれた。
予約がとれる一番早い時間で10時30分とのこと。
( ̄◇ ̄;)ほっ

11/8 am8:00過ぎ
母がすぐに駆け付けてくれた。
どうせ何も食べずにいたんだろうからと
おにぎりや煮物やむいた果物まで持参してくれた。
↑相方さんがほとんど食べた(笑)

11/8 am10:30
女性の先生がとっても優しかった・゜(*/□\*) ゜・
救急病院でもらった診断書・検査結果を見ながら
小さいロックのことをとても心配してくれた。
あわあわと帰宅直後の大出血の写真を見せると
「わ、これは出血量多いね。私が飼い主だったとしても
これだけ出たらびっくりして気が動転するね」と。

ロックの様子や歯茎の色なんかからも
輸血がすぐに必要とまではまだいってないかもだけど
水分は入れてあげたいので皮下点滴をすると。
ただ、ロックは心臓も悪くなってるので
いっぺんにたくさんは水分を入れてあげられないと。
(心臓に負担がかかるので)
量・入れるスピードを調整しながら
最低限の量を入れることに。

わんこは首~胴体の皮膚が人間よりびろ~んと伸びて
筋肉との間にけっこう空間があるので
そこにわりと短時間で水分を入れてしまい
ゆっくりと吸収させるそうで。
その時にラクダのこぶのようにぷっくりとなるので
びっくりしないでねとのこと。

伏せていても体に力が入らずふら~~と
横に傾いてしまうロックを優しく撫でてくれながら
好きな体勢でいいよ~大丈夫よ~と声をかけてくれる先生。
優しい・・・(;-;)

いくつかの薬も点滴の最後に入れて処置は終了。
翌日はかかりつけ医にできたら朝一で診てもらってねと
いいながら使った薬と夜に飲ませるための飲み薬の
薬品名を書いたメモをくれた。

11/8 am12:00すぎ
帰宅。
ロック、ひたすら寝る。
うつらうつらではなく、小さく丸まって昏々と。
痛くて寝れず、興奮して寝れず、怖くて寝れず、
よっぽど疲れたんだろう。
時々起きた時も落ち着いた印象。
ただし近づくと唸る。
飲み薬や水のスポイトを超嫌がって怒る・暴れる。←あか~~ん
水飲み・トイレ大小一切せず。
そのまま次の日まで寝続ける。

11/9 am6:30
(実に32時間ぶり!)オチッコ出た。
指に水を付けて口元に差し出すとペロペロと2舐め。

11/9 am7:00
また粘血便。
前よりはぐっと量が少なくなり、
はっきりとした赤色から少し黒っぽいドロドロに。
(出血止まってきたか?と期待)

11/9 am9:30
かかりつけ医に。
救急病院からちゃんとFAXが届いていたようで、
診察券だしてすぐに
「急病センターにかかったんですね?」と声かけしてもらえた。
便をスポイトみたいなの?で直接採取したところ
やはり砂粒が混じってたとのこと。
昨日のつなぎ受診と同じように
皮下点滴と痛み止め・抗生物質他注射。
エコー検査。(大きな腫れ・腫瘍なさそう)
もらった飲み薬を嫌がることから(単にスポイトが怖いだけかも)
甘みを増やした粉薬にしてもらう。

11/9 am11:30帰宅以降~
オチッコはちゃんと出るように。
部屋内を歩いたりも。
よく寝る。
玄米の重湯を2ペロのみ。
水飲まない。
夜、もらった療法食缶詰を1センチ角ほど食べた。
ひたすら寝る。
出血なし。便は出てない。

11/10 am9:00
朝一でかかりつけ医に。
昨日とほぼ同じ点滴・注射。
だいぶ調子戻った様子のため、
さらに出血や戻しがない限りは飲み薬で来週まで様子見に。

玄米重湯を5ペロほど。
温めたお湯に飲み薬をとかしたものは舐めた。
療法食缶詰を1センチ角ほど×2個食べた。
一日でたったそれっぽっちで大丈夫なのか心配・・・。
出血なし。便はまだ出ず。
ロック、めっちゃ寝る。

11/11 am9:00
4日ぶりのベッド寝に私、超ぐっすり✨
(ロックに付き添ってリビングのイスで細切れに寝てた)
ロックも一緒に寝室に移動して、夜中起きることもなくぐっすり!
私すっきり、ロックもあどけない顔に戻ってる!
朝から療法食缶詰を1センチ角ほど×4個食べた!
食欲も戻ってきたか??
あとは便が出てくれれば・・・・・

 

***犬*犬*白ポメラニアンロックの観察日記***
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ 人気ブログランキングへ


救急病院から帰宅直後の・・・(犬の出血性胃腸炎 NO.4)

※病気カテゴリです(犬の出血性胃腸炎)
読んでしんどくなる方は遠慮なく斜め読み・スルーの方向でm(__)m


※写真は全然関係ない過去写真です※

 

 

 

夜中3:00、夜間救急病院からやっと帰ってきて
キャリーケースの扉をあけてあげたのに
ロックは出てこない。
30秒ほどしてよろよろと出てきたロック。
扉から出た直後にドバっと粘血便!!!!
トイレまで間に合いもしなかった。

ぎゃ~~~~~~Σ( ̄□ ̄|||)!!!

便とは言え、消化物なんてほぼゼロ。
ほぼドロドロの血と腸壁?のみ。真っ赤!!
一回目より量が多い!!

お腹痛くてたまらなかったろうに、
普段入らないキャリーに入れられ、普段乗らない車に乗せられ
知らない場所で診察・処置され、
どれだけストレスだったろう(T^T)

どうする?
さっきの救急病院に電話する?
その上でもう一度タクシーで病院に逆戻りする?
(でも夜間専門の救急病院なので朝5時で閉まる)

どうする?どうすれば?
先生に説明できるよう血だまりの写真を撮り、
床の後片付けは相方さんに丸投げ。
半泣きで必死でロックを観察しました。

夕刻から6時間以上続いていたパンティングは止まってる。
(痛み止めが効いてきたか??)
小さな声でヒンヒン鳴きながらうろうろ歩き回るのも止まってる。
(痛み止めが効いてきたか??)
ゆっくりと伏せたロックの姿が涙でぼやける中、
必死で「ぐったり」なのか「落ち着いた」のかを
判断できないものかとロックを見つめ続けました。

よろよろとではあるけど、
リビングでの定位置の毛布へ自分で戻ったロックを見て、
様子見しようと決意。
その代わり、ずっとロックのそばにいる!!
絶対にロックの異変を見逃さない!!

 

***犬*犬*白ポメラニアンロックの観察日記***
↑11/8の話です。
今はロックだいぶ落ち着きました。
ほんの一口だけど療法食の缶詰を食べてくれました(*´∇`*)
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ 人気ブログランキングへ