遺影じゃないけど・・・ロックの為に父が用意してくれたもの。

ロックを家に安置していた間、
父が実家からあるものを持ってきてくれました。

昔、大好きなお池の公園で撮ったロックの写真。

珍しく携帯ではなくデジカメで撮ったもので、
けっこう写りが良かったのを父が気に入ったので、
A4ほどに大きく引き伸ばした写真をあげたら
母が額に入れてくれ、父の寝室に飾っていたものでした。

写真はスマホにもパソコンにもクラウドにも山ほどあるけど、
そんな大きさでプリントしているものは家にはなく、
もちろん慌てて印刷する頭も気力もなく・・・
額をきれいにふいて、
わざわざ自分の寝室から持ってきてくれた気持ちがうれしく、
実物に近いくらいの大きさのロックの写真を見て、
また大泣きでした。
(↓写真は、額に入れたものの元データです。ちゃんとバックアップあってよかった)

父がその写真を寝室に飾っていたのは覚えていたけど、
プリントされた日付を見てまた涙・・・
日付が私の誕生日・・・
そんなん、全然覚えてなかったよ。
きっと誕生日が運良く仕事休みで、うきうきとロックとお池の公園に行ったんでしょう。

大事にロックのそばに飾らせてもらい、
葬儀にももちろん持って行きました。
遺影・・・というつもりはなかったけど、
お花に囲まれたロックのすぐそばに
こんなかわいい笑顔のロックの写真があったことで
確実に立ち会った者達の心の大きな慰めになったと思います。

ロック、めっちゃ笑顔やん。

葬儀後は父にお礼を言って、
また寝室に飾ってもらうことにしました。
本当に皆優しいし、家族それぞれにロックにまつわるエピソードがあるなぁ。

次はロックのお骨上げの時のことを書くと思います。

 

 

 

***犬*犬*白ポメラニアンロックの観察日記***
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ 人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました