珍!?読書犬、ロック。:過去記事

2009/06/03 (水)ロックと「素敵な宝物達」

748.jpg   746.jpg

私の宝物
「大草原の小さな家」シリーズ☆☆☆☆☆
小学生の低学年の頃、母から譲り受けたものです。
当時は扱いが乱暴だったので汚れてボロボロですが、1番大切な本達。
確実に各100回は読んでるな~。
いや、もっとかな。
今も、眠れない夜なんかには
ぱっと開いたところから読み始めます。
(↑そういう時は、新しい本を読むよりも
何回も何回も読んだ本の方が落ち着くのです。)

この本にあるのは
北アメリカの開拓時代の生活そのもの。
一家の次女ローラの視点で
わかりやすく平易な言葉で書かれているけど、
生活することのすべてが
生き生きと具体的に描かれています。
ガース・ウィリアムズさんという方の挿絵もなんとも味のある絵なの~~(*^_^*)

幌馬車での旅や、
たくさんのおいしそうなレシピ、
家そのものや、井戸や暖炉、チーズや燻製、服や靴などなんでも手作り。
家畜を飼い作物を育て、だんだん成長していく
ローラやメアリィそのものになりきって読んでしまいます。
子供の頃わくわくしながら夢中で読んでたし、
今読んでも十分楽しい。

ん~~~私のこの本達への思い入れを書くと、
とんでもなく長文になりそうなのでこのへんで(笑)
この本達も、ロックも、私の大切な宝物♥♥
↑強引にまとめ(笑)

747.jpg

ロックの前に本を置いてみたら・・・
馬に乗って大草原を行くお父さんにくぎづけなロック。
注☆オヤツは使っていませんv(≧∇≦)v ♪

***犬*犬*白ポメラニアンロックの観察日記***
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ 人気ブログランキングへ

2019年ブログ移転時追記:
母が持ってた本なのでいつ頃の本なのかな?と思って
今ちょっと見てみたら・・・(とりあえず最初の「大きな森の小さな家」)
1972年7月15日初版
1975年12月30日第12刷 やって!!古!!
もちろん今も大切に持っていますよ~~~(*^▽^*)ノ