かまくらベッドでゆっくりおやすみ。

ふかふかのカバーに包まれたロックのお骨壺。
昼間はリビングにローテーブルを置いて安置しています。
たくさんのお花に囲まれてとっても綺麗。

ロックが小さくなって帰ってきてからも、
夜は、毎日寝室に一緒に連れていきます。
「ロック~~そろそろねんねしよか~~」という掛け声も今までと全く同じ。
13年半毎日言っていた言葉、
そうそう簡単に言わずにいられるわけがない。

この冬はロックは私のベッドでしか夜寝てくれなくて。
毎晩、私の腕枕で、羽毛布団にぬくぬく挟まって寝ていました。
(その時のことはまた記事に書くかも知れない)

だから私としては、
お骨になったロックだって変わらずにベッドに入れてあげたいけど、
ころんと転がったら大変なのでどうしようかなと考えました。

プリンターを置いていたキャスター付きのラックが
サイドテーブルになりそうな感じだったので、
ベッドのすぐ横に移動させてみたら、まぁベッドの高さにぴったり。
そこにロックが使っていたかまくらベッドを置いてみたら、
ちょうど私の枕からよく見える位置になりました。
枕元すぐ近くだから、寝るときメガネ外してても見えるよ。

ロックの隣のかわいこちゃんは、「コロック」。
まろままさんが、まろ君の7回目の家族記念日にプレゼント企画をしてくれて
その時いただいた子。
まろ君家の同じぬいぐるみちゃんは「まろ君」の弟分だから「こまろ君」。
だからロック家のぬいぐるみちゃんは「ロック」の弟分で「コロック」(*^-^*)。

ロックはまろ君の(血は繋がってないけど心の)弟分だし、
コロックはこまろ君の弟分だし。
ロックのそばにいてくれたらさみしくないかな。

「ロック~おやすみ~」と声をかけて、
あたたかくかまくらベッドにおさまってる所を見ながらだと
私も多分ちゃんと眠れるかな、と思って。
・・・実際眠れました。

朝になったら、
「ロック~おっきしよか~ちたいってぎゅうにゅのもか~」
(訳:ロック、起きようか~下の階に移動して牛乳飲もうか~)
なんて言いながら、リビングに連れていきます。

そばに寝るって、変かなぁ・・・
ちゃんと安置しといた方がいいのかなぁ・・・
とも思うけど。
しばらくは、自分の気が済むまでは、やりたいようにやろうと思ってます。

 

 

 

***犬*犬*白ポメラニアンロックの観察日記***
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ 人気ブログランキングへ

コメント

  1. まろまま∵ より:

    そうそう。コロック。
    一緒にハウスインありがとう。

    ママに想うとおりにするのが一番。

    かまくらベットの写真、
    相方パパさんのお気に入りの写真をインスタで見たよ。

    • ロックママ より:

      ※まろままさんへ※

      コロック、頼もしいですよ。
      さすがに写真(とお骨壺)だとつらいんですが、
      コロックだと大丈夫。
      優しい見た目も、ふわふわ手触りも、ちまっとした大きさも。

      相方さんのお気に入り??
      あ、あれかな。LINEのアイコンかなんかにしてるやつかな。
      かまくらベッドからちょこんど顔だけ出して(舌チロで)
      しら~~っとした顔でこっちを見てるロック。
      帰宅時、「なんか帰ってきよったわ」って落ち着き払った顔で
      目線だけしかよこさんのよ、って相方さんが苦笑してたやつですね。

タイトルとURLをコピーしました